デトックス(解毒)効果を引き出す玉ねぎ、ねぎの調理方法

デトックス(解毒)効果を引き出す玉ねぎ、ねぎの調理方法

2006年05月04日

デトックス(解毒)の力をさらにアップさせる玉ねぎ、ねぎの調理方法をご紹介します。

1.輪切りにして2.しばらくそのまま放置3.油を絡めて調理する
この順番で調理すれば玉ねぎ、ねぎの解毒力がさらに高まります。

ではさらに詳しく解説していきます。
1.繊維に逆らうように輪切りに切ると、細胞に含まれる硫黄化合物と酵素が反応し解毒力の強いスルフィド類が出来ます。

2.しばらく放置するとスルフィド類の量はピークに達します。15〜30分(ネギは5〜6分)位が最適です。これ以上置きすぎてもスルフィド類は空気中に逃げてしまいます。

3.中火で2,3分油で炒めればスルフィド類を封じ込めることができ、甘味もでてきます。

注意点ですが、デトックス(解毒)の力を逆に弱めてしまう調理方法もあります。

水にさらす
水にさらしてしまうと、硫黄化合物と酵素が流れ出してしまいデトックス(解毒)効果が半減してしまいます。

刻んで生で保存
スルフィド類は発揮成分なので、空気中にどんどん逃げてしまいます。薬味用のねぎなどは食べる時ごとに切るようにしましょう。

ダイエットにも効果的なデトックス、たくさん玉ねぎを食べて毒素を排出しましょう。

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

はじめまして
Excerpt: デトックスの勉強のため、サイトを訪問させて頂きました。 ありがとうございました。
Weblog: デトックス・体内解毒とダイエット
Tracked: 2006-05-05 17:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。