断食ダイエット(ファスティング)とは

断食ダイエット(ファスティング)とは

2006年04月22日

断食ダイエットは、一時的に食物を完全に断ち体の脂肪を消費させるダイエット方法です。ファスティングとも呼ばれています。


食物の摂取を完全に断つと脂肪が燃焼させますが、その前にグリコーゲンという成分が消費されます。このグリコーゲンは消費されるまで12時間かかるので、脂肪が消費され始めるのは断食開始の12時間後です。

断食ダイエットは体の脂肪が燃焼される効果以外に、断食をすることで消化器官、胃、排泄器官などの体の器官を休息させるという効果もあります。消化器官などは絶えず休みなく働いているので、休息させることも大切です。

断食というと、何日間も食べ物を断つというイメージがありますが、プチ断食ダイエットといって1日位断食する方法もあります。晩ご飯を普通に食べて、次に日の晩ご飯まで何も食べないという方法です。これなら割と簡単に出来るでしょう。水は好きなだけ飲んでも構いません。

ダイエットをするだけでなく、身体の休息させることができる断食ダイエットはとても魅力的ですが、本格的な断食をしたいという人は必ず医師に診てもらう様にしましょう。

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ファスティングダイエット2by2リボ酸プラス | ファスティングダイエット
Excerpt: ファスティングダイエット2by2リボ酸プラスは、美容・健康・ダイエットのためにファスティング(断食)をする際の必須アイテムです。
Weblog: ファスティングダイエット2by2リボ酸プラス | ファスティングダイエット
Tracked: 2006-10-15 01:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。